Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

マネーに関する記事を担当

大麻から抽出されたカンナビジオール(CBD)。エピディオレックスの原料として使われている。 (Photo By Joe Amon/The Denver Post via Getty Images)

大麻を利用した新薬開発に取り組むGW Pharmaceuticals社は3月14日、重度のてんかんを患う子供たちの発作にカンナビノイド薬「エピディオレックス(Epidiolex)」が有効であることを、120人を対象とした臨床試験結果で明らかにした。これを受けて同社の株価は130%急騰。88ドル94セントの値をつけた。

アメリカでは嗜好品としての大麻も産業化しつつあるが、上場企業として大麻薬品の開発に取り組むGW社は突出した存在だ。同社はナスダックに上場し、多発性硬化症の治療用の大麻薬品「サティベックス(Sativex)」を商品化し、米国以外の28ヶ国で医薬品として承認を得ている。また、重度のてんかん治療に向けた4つの臨床試験が最終段階を迎えている。

米国初の「大麻を使用した処方薬」となる可能性も

今回の「エピディオレックス」は、ドラベ症候群という1歳未満の乳児が発症する難治性てんかんの治療を目的に開発された。この薬品を投与された患者は、発作を起こす回数が平均して39%も少なくなった。GW社によれば米食品医薬品局(FDA)の承認を得るにはまだいくつか段階を踏む必要があるが、エピディオレックスはアメリカで大麻を使用した初の処方薬となる可能性もある。

ニューヨーク大学総合てんかんセンターのOrrin Devinsky医師は、GW社のプレスリリースで次のように述べた。

「エピディオレックスの臨床試験結果は、極めて重要で注目に値します。実験を通じて、ドラベ症候群の子供たちがカンナビジオールを摂取した場合の安全性と有効性が立証されました。エピディオレックスは発作の頻度を低く抑えるという臨床的に非常に重要な結果をもたらしました」


編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい