Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

スポーツビジネスを専門としつつ、不定期に教育およびローカルエコノミーに関する記事を執筆

NBAロサンゼルス・クリッパーズVSサクラメント・キングス戦を観戦するクリッパーズのオーナー、スティーブ・バルマー(中央)/Photo by Kevork S. Djansezian/Getty Images

スポーツチームの所有は昔から、富豪や著名人たちにとっては趣味のようなものだ。テレビ放映権料の高騰に伴い、各チームの評価額は上昇、買収にかかる費用は大幅に跳ね上がった。オーナーたちの大半は、チームの買収を考える前にすでに富を築いていた人たちだが、中にはその先見の明(あるいは運の強さ)により、チームを手中に収めることで富豪にのし上がった人たちもいる。

フォーブスが3月1日に発表した最新のビリオネアリスト(世界長者番付)によると、メジャーなスポーツ7競技のチームを所有するビリオネア(資産10億ドル、約1,140億円以上の資産を保有する富豪)は63人いる。合わせて12のリーグに所属する81チームのオーナーたちだ。全員の保有資産を合わせると、総額は2,850億ドル(約32兆円)に上る。

1位はマイクロソフト前CEO

スポーツチームのオーナーで一番の富豪はスティーブ・バルマーだ。資産額は235億ドル(約2.7兆円)。マイクロソフトのCEOを長年にわたって務めた同氏は、退任した2014年に米プロバスケットボール協会(NBA)のロサンゼルス・クリッパーズを20億ドルで買収。これは、それまでのNBAチーム買収価格の最高額の3.5倍を上回る額だった。

第2位は、インドのムケシュ・アンバニ。インドのクリケット・プレミアリーグ、ムンバイ・インディアンズ所有する。石油精製を手掛けるリライアンス・インダストリーズを率いる同氏の資産額は193億ドル(約2.2兆円)だ。

さらに、ポール・アレン(資産額175億ドル、ナショナル・フットボール・リーグ、NFLのシアトル・シーホークス、NBAのポートランド・トレイルブレイザースのオーナー)、ディートリヒ・マテシッツ(資産額132億ドル、レッドブル・レーシング、米メジャーリーグサッカー、MLSのニューヨーク・レッドブルズ所有)、スティーブン・ロス(資産額120億円、NFLマイアミ・ドルフィンズ)が後に続いた。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい