PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブス ジャパン編集部 編集者

キユーピーのオフィス「仙川キユーポート」の最上階にある食堂の中心には、10種の惣菜が並ぶサラダバーがある(photograph by Ryuichi Yagi)

楽天クリムゾンハウスのお披露目会で会長兼社長の三木谷浩史は「単なるオフィスの引っ越しではない。経営のやり方、従業員の働き方に革新的な流れをつくりたい」と、新オフィスへの移転の意味を語った。

各地に分散していたグループ17社を仙川キユーポートに集めたキユーピーは「社是である『楽業偕悦』に立ち返り、キユーピーらしいユニークさを働き方やオフィスづくりで生かしたい」と宣言している。

両社ともに力を入れたのが社員食堂やミーティングルーム。業務を行うオフィスフロアは仕切りがなく、社内のどこででも仕事ができる環境をつくり、社員同士のコミュニケーションや働き甲斐に重点を置いた。

果たして働き方は変わったか?

キユーピーでは打ち合わせスペースが増えたことで会議数や会議時間が大幅に減り、会議資料の紙を65%減らしたという。楽天でも誘い合ってカフェテリアに行く機会が増え、国籍を超えて社員同士の輪が広がっているという。

オフィスのデザインが働き方に革新を起こすとしたら、日本のオフィスは大きく変わっていくかもしれない。

photo
三木谷社長のアイデアで実現した楽天クリムゾンハウスの内階段。異なるフロア間の行き来を容易にした。全社的に楽天カラーの赤を使用。

矢木隆一 = 写真

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE