Close RECOMMEND

世界中の富豪たちに関する記事を中心に執筆


10代のビリオネアも初登場

最年少で初めて番付に入ったのは、ノルウェーのアレクサンドラ・アンドリーセン(19)。姉のカタリーナ・アンドリーセン(20)も初めて名を連ねた。複合企業を経営する父親から自社株を受け継いだ。

ロシアで最年少のビリオネアになったのは、キリル・シャマロフ(33)だ。同国第2の化学メーカー、シブール(Sibur)の筆頭株主で、プーチン大統領の義理の息子ともいわれているが、政府はこれを否定している。ロシア銀行の株主でありプーチンの長年の友人でもあるニコライ・シャマロフはキリルの父親。

フォーブスは今回のランキングを作成するにあたり、2016年2月12日現在の株価と為替レートに基づき、資産額を算定した。

今回初めてランク入りした198人のリストは、下記リンクから閲覧が可能だ。

http://www.forbes.com/sites/katiasavchuk/2016/03/01/new-billionaires-2016/#566bdac19acc

編集 = 木内涼子

PICK UP

あなたにおすすめ