Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

フォーブステクノロジーチャンネルのシニアニュースプロデューサー

derter / Shutterstock

2月29日(現地時間)、イスラエル軍兵士二人が誤ってパレスチナ自治区との境界を越え、ヨルダン川西岸の難民キャンプ内に侵入し、銃撃戦が発生。パレスチナ側に少なくとも一人の死者が出たとされる。この事件の背後には、グーグルの地図アプリ「Waze」の欠陥があるとの非難が高まっていた。

イスラエルのモーシェ・ヤアロン国防相が、この事件を受けた声明の中で次の様に述べた。「ナビゲーションシステムを利用していても、それだけに頼らず自ら地図を確認して進路を決めることが必要であると、私は常々言ってきた」

2006年にイスラエルでローンチした無料地図データベースを提供するWaze社は、同社に向けられた非難が不当であるとした上で、ユーザー側の問題を指摘した。同社の報担当者ジュリー・モスラ―は、フォーブスに宛てたメールの中で以下の様に述べている。

「当社のアプリには、イスラエル人が車を運転する際、危険地帯、或いは禁止区域に指定されたエリアを通過するルートを回避するため、特別な設定が存在します。今回のケースでは、この機能が使われていませんでした」

また、モスラ―は、イスラエル兵士らが地図上の赤いマークを無視し、アプリが提案したルートを逸脱していたとも付け加えた。

「すべての事故を防ぐことは出来ませんが、当社としては、これまで通り関係当局と連携し、今回の様な不運な出来事が少しでも減るよう努力を続ける所存です」

グーグルは2013年にイスラエルのWaze社を13億ドル(約1,477億円)で買収していた。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい