Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テクノロジー、eコマース担当ライター。

Syda Productions / Shutterstock

この1年で株価が70%以上も下落し、苦境に立たされているGoProが2月29日、動画編集の2アプリを買収したと発表した。買収したのは動画編集アプリのReplayとSplice。買収額の1億500万ドル(約118億円)は現金と株で支払った。

2015年末時点でのGoPro社の資産総額が4億7,400万ドルであることを考えると、この買収は非常に大きな賭けだ。

GoProのカメラは誰でも、プロのアスリートのような動画を撮影できるというビジョンの下に開発されたが、美しい動画をウェブで公開するには、多大な労力が必要だ。ニコラス・ウッドマンCEOも、この点でGoProは“不便”だと2015年第4四半期の業績報告で認めていた。

ウッドマンCEOは2月29日、フォーブスの取材に対し、「動画編集にはGoProだけでなくこの業界のすべての企業が頭を悩ませていました。簡単に開発できるものではなく、モバイルでは制約もあります」と説明した。

Replayはパリに拠点を置くStupeflix社が開発したアプリで、選択した動画クリップや写真を自動的に組み合わせ、エフェクトや音楽を付けて1本の動画に編集可能。Spliceはテキサス州オースティンに本拠地を置くVemoryが開発したアプリで、手動の動画編集ツールだ。ウッドマンCEOはそれぞれの買収額には言及せず、どのようにGoProに組み込むかも明らかにしなかった。

ウッドマンCEOは両アプリを使用することによりモバイルで撮影した動画を編集し、その動画をGoProで撮影したものと統合することも可能になるかもしれないと述べた。しかし、ウッドマンは過去にはGoProとモバイルを連動させることに消極的な考えを示していた。また、専門家は「モバイルはGoProにとって動画撮影市場におけるライバルとなりかねない存在だ」と指摘していた。

GoProは2016年の売上が13.5億ドル(約1,530億円)から15億ドル(約1,700億円)になるとの見通しを発表したが、これはアナリスト予想平均の16億ドルを下回っている。

GoProがさらなるイノベーションを起こせるのかに関心は高まっている。今回、買収したアプリ、SpliceはアップルのApp Storeの無料写真/動画カテゴリーで22位、Replayは121位にランクインしている(2月29日現在)。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい