Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

スポーツビジネスを専門としつつ、不定期に教育およびローカルエコノミーに関する記事を執筆

デイル・アーンハート・ジュニア (Stephen M. Dowell/Orlando Sentinel/TNS via Getty Images)

米国で人気のカーレース「NASCAR(全米自動車競争協会)シリーズ」もその他のプロスポーツと同様、出場するドライバーたちの収入は格差が大きい。下位でゴールすることが多いドライバーたちの稼ぎは年間数十万ドルだが、上位のドライバーなら数千万ドルを稼ぐ。

2015年には13人のドライバーが、給与のほかボーナス、広告などへの出演料、チームの獲得賞金の分配金、ライセンス料などにより、1,000万ドル(約11億円)以上を稼いだ。13人が獲得した報酬は、フォーブスの計算によると合計1億9,800万ドル(約221億円)に上る。

獲得報酬が同年、8年連続でトップになったのは、ヘンドリック・モータースポーツに所属するデイル・アーンハート・ジュニア。推定2,350万ドル(約26億円)を手にした。

NASCARシリーズではこれまで、ヘンドリック・モータースポーツとジョー・ギブス・レーシング、スチュワート・ハース・レーシング、チーム・ペンスキーという4大チームが圧倒的な勢力を誇ってきた。過去11回のスプリント・カップではいずれも、これら4チームのうちの1チームが優勝している。また、2015年のシリーズカップ36戦でも、2回を除いたすべてで、これらのチームのいずれかが勝利した。トップ・ドライバーがこれらのチームに集中し、ビクトリーレーンを飾りたい大口のスポンサーが集まって資金を提供し、結果としてドライバーの報酬も膨れ上がるという構図だ。年間の獲得報酬が1,000万ドルを超えたドライバー13人はすべて、これらのチームの所属だ。

ヘンドリック・モータースポーツにはアーンハートのほか、ジミー・ジョンソン (獲得報酬2,220万ドル)、ジェフ・ゴードン(同2,160万ドル)がおり、報酬総額のトップ3を占めている。

これら3人の後には、ケビン・ハービック(同1,550万ドル、リチャード・チルドレス・レーシング所属)、デニー・ハムリン(同1,510万ドル、ジョー・ギブス・レーシング所属)が続いている。

この10年で、王者の決め方から物品販売、レースのテレビ放映などについてまで、組織全体やレースに関する大きな変化を成し遂げてきた。最近に起きた変化は、「チャーター・システム」の導入だ。トップカテゴリーの「スプリント・カップ」シリーズに出場する36チームをフランチャイズとし、他のスポーツリーグと同様、売り上げを一元的に管理しようというのだ。

新しい仕組みの下では、ドライバーたちの報酬額の決定方法にも、変更が加えられる。ドライバーはこれまで、給与の他にレースの結果次第で所属するチームから一定の割合を受け取っていた。しかし、今後は一元管理される資金が各チームに分配されることになり、個別のチームが獲得する賞金が毎週発表されることはなくなる。ただ、これは必ずしもドライバーたちの報酬の減額を意味するものではなく、チームのオーナーたちは現在、新たな契約交渉を進めている。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい