Close

PICK UP

企業家、テクノロジー、ビジネスをカバーするジャーナリスト。

Ollyy / Shutterstock

職場はただ単に働くだけの場所ではない。人と人が出会い、ロマンチックな関係になったりもする場所だ。そうなるべき場所というわけではないが、私たちが生活の中で大半の時間を過ごす場所なのだから、恋愛が絡んでくることがあっても、それは避けようがない。

米キャリア情報サイト、ボールト(Vault)はこのほど、その避けようのない事実を裏付ける調査結果を発表した。同社は毎年この調査を実施しており、約2,000人から回答を得ている。今回の結果からも、職場でのロマンスは良くも悪くも、健在であることが分かった。

職場恋愛の経験者が半数

調査対象者の51%は、過去に職場恋愛の経験があると答えた。そのうち64%は、将来また職場の人と付き合う可能性があると回答した。

職場での恋愛は、立場などにかかわらず容認されるべきだと考える人は、前年の29%から27%に減少。一方で、職場での恋愛は一切認められるべきではないと答えた人は6%にとどまったものの、前年の5%からはわずかに増加した。

以下、今回の主な調査結果を紹介する。

・回答者のうち20%が、現在、職場恋愛中だと答えた。
・過去に職場の人と付き合ったことがあると答えた人のうち、長期間にわたって真剣な交際をしていたと答えた人は29%。交際後、配偶者またはパートナーになったと答えた人は16%。
・付き合っている人がいるが、結婚を考えているわけではないと答えた男性は23%、女性は19%だった。
・同僚と長期間にわたって交際していたと答えた人は女性が17%で、男性の13%よりも多かった。

・職場恋愛の経験の回数については、次のとおりだった。
1回 47%
2~3回 37%
4~5回 10%
6~10回 4%
多すぎて数えられない 2%

編集 = 木内涼子

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい