Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

テスラ社イーロン・マスクCEO / gettyimages

筆者の手元にはこの2週間で2通のメールがテスラから届いた。どちらもModel Sの「お得な導入プログラム」を案内するもので、契約時に約6,400ドルを支払えば、月額約700ドルで年間1万マイルが走行できるプランなどをアピールしている。

メールを出してまで売り込むというのは、Model Sの需要が横ばいか、減少気味だということなのかもしれない。

テスラでは新型車のModel XをModel Sと同じラインで生産している。さらに同じデュアルモーターを搭載しているため、生産計画の変更は簡単にできる。つまり、Model Sの需要が横ばいか下降していたとしても、Model Xの生産を増やせばよいということだ。ただし、パーツの生産を増やし、製造を担当する従業員が慣れるのに時間が必要であるため、実際に増産できるのは数か月後になるだろう。

イーロン・マスクCEOは2月10日に通年の売上見通しを発表する。当日は建設中のギガファクトリーや3月27日に発表されるModel 3についての情報も期待されている。

テスラの2016年の売上は88億ドル(約1兆円)とウォール街は予想している。これを達成するには8万台を売らなくてはならない。Model Sが5万台売れれば達成可能だが、需要が減っているようであれば難しいだろう。楽観的な見通しを示していたモルガンスタンレーでさえ2月1日に予測を下方修正し、パシフィッククレスト証券はModel Sの需要のみならず、Model Xの受注状況まで懸念する見方を示している。


下落が止まらないテスラ株

テスラの株価は年初の240ドル(約2万7,000円)から39%減の147ドル(約1万7,000円)まで下落している。第4四半期(2015年10~12月)の販売台数が同社の予測の下限に近い1万7,400台だったことが影響した。140ドル台という株価はここ2年間で最も低い水準だ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい