Close RECOMMEND

PICK UP

ラグジュアリーなライフスタイル、カルチャー、デザインに関する記事を中心に執筆

Gangneung Resort Hotel のイメージ (c)Planning Korea

毎年、世界各地でラグジュアリーなホテルがオープンしている。その多くがサービスやアメニティなど細部までこだわり一歩先へ出ようと凌ぎを削るが、中には大胆な戦法をとるホテルもある。巧妙とも言える建築様式で、まさに”クレイジー”という言葉がぴったりのホテルの計画が進行中だ。

そこで今回は、近年中にオープンする5軒に注目。海洋生物をモチーフにした海辺のリゾートからドバイのド派手なホテルまで、従来のデザイン概念を無視した突飛な外観のホテルを紹介する。

1 : プランクトンリゾート!?(韓国、江陵)

最初に紹介するのは、2018年に韓国・平昌で開催される冬季オリンピックに合わせて建設中のリゾートホテル。ソウルに本社を置くPlanning Korea が手がける建築デザインは、プランクトンの生態系にヒントを得たという。


Gangneung Resort Hotel のイメージ ((c)Planning Korea)

数字の8を横に倒したような外観で、コンドミニアムとスイートの全946室を有する。部屋からは美しい海と山々がすっきりと見渡せ、ホテルから海へつながる小道とそれを包み込むような庭園、砂浜に隣接しLED照明がほどこされた豪華プールなど、細部にまでこだわった設計だ。また、敷地内には伝統的な建築様式の家、韓屋(ハノク)からなる村もつくられ、ショップやレストランが併設される。


Gangneung Resort Hotel のイメージ ((c)Planning Korea)

29,493平方メートルの敷地面積を誇り、オリンピック会場となるスタジアムから500メートルという立地条件のため、多数の大会関係者や観客の利用が見込まれるほか、様々なイベント会場としての利用も期待されている。

編集 = Forbes JAPAN 編集部

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい