Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

ソーシャルメディアとデジタルメディアを中心に、テクノロジーに関する記事を執筆

ツイッターからインスタグラムに移籍したケビン・ウェイル Brian Ach / gettyimages

ツイッターの製品担当上級副社長を離職したケビン・ウェイルがインスタグラムに移籍し、製品部門を率いると、テックウェブメディアのRe/codeが報じた。

ウェイルの離職は1月24日、明らかになったが、インスタグラムは数カ月前から引き抜きに動いていたという。インスタグラムはこの件についてコメントしていない。

昨年10月にツイッターのCEOに復帰したジャック・ドーシーは、ウェイルのほかにエンジニアリング担当上級副社長のアレックス・ロエッター、グローバルメディア担当副社長のケイティ・ジェイコブス・スタントン、人事担当副社長のブライアン・スキッパーの離職についてツイートした。ドーシーは4人の離職を自発的なものだと説明している。

ドーシーによると、今後はアダム・ベインCOOが収益分野の製品開発、メディアチーム、人事を統括し、アダム・メッシンガーCTOが技術全般と消費者向け製品、設計開発、ユーザーサービスを統括する。Re/codeとCNBCは25日、ネイサン・ハバードが暫定的にメディア部門のトップに就くと報じたが、ツイッターはコメントしていない。

またツイッターは26日、アメリカンエキスプレスの元幹部レスリー・バーランドを常勤のCMOとして迎えることを発表した。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい