Close

無料会員登録で3,000円分の
Amazonギフト券をプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

Evan Lorne / Shutterstock

子供の13人に1人が食物アレルギーを持つ米国で、スタートアップ企業のアラーガーダー(AllerGuarder)は先ごろ、アレルギー反応の発生を警告するリストバンドを開発中であることを発表した。販売開始に向けて現在、クラウドファウンディング・サービスのキックスターター(Kickstarter) 上で資金調達を行っている。

同社によると、ブルートゥースを搭載したリストバンドは装着している子供がアレルギー反応を起こす危険がある食品(アレルゲン)に近づいた場合、半径約15メートル以内にいる大人に対し、スマートフォンやタブレットにダウンロードした無料アプリを通じて警告、注意喚起を行う。このシステムを利用することで、食品アレルギーを持つ子供にとってのバーチャルな安全地帯を作ることができるという。

この警告とその子供の医療情報を受信するのは、保護者が「信頼する友人」として登録した親類や友人、学校職員のみで、子供のプライバシーは守られる。また、保護者は「信頼する友人」たちに対し、子供に関する情報をどの程度まで提供するか、自ら決定することができる。

アプリをダウンロードした「信頼する友人」以外の人が食物アレルギーを持つ子供の安全地帯にいた場合、その人たちは一般的な情報として、その子供が持つアレルギーについての情報を閲覧できるようになる。ただし、こうした「信頼する友人」ではない人が、周囲に特定の食品にアレルギーを持った誰かがいること、アレルギー反応が起きる経緯(口からの摂取、接触、空中浮遊など)以外の情報を受け取ることはない。

同社によれば、「警告を発することにより、アレルギーを誘発する食品に偶然に接触してしまう危険性を大幅に低減させることができる。子供がどこにいる時でも、リストバンドは家族に安心感を提供することができる」。

技術者を含む同社の創業者たちには、合わせて8人の子供がいる。リストバンド開発のきっかけとなったのは、子供たちのうち2人の食物アレルギー症状が進行しているとの診断を受けたことだった。何らかの対策を講じなくてはならないと考えたのだという。

創業者たちはホームページ上で、食物アレルギーとの長期的な闘いを覚悟したこと、アレルギー反応を起こさせないことがより重要だとの考えに至ったこと、子供たちを守るためにはアレルゲンとの接触を防がなくてはならないこと、などを訴えている。

リストバンドの価格は30ドル(約3,500円)で、キックスターターのサイトから予約注文することができる。

編集 = 木内涼子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE