閉じる

PICK UP

世界の富豪たちの富を築く過程、およびその活用に関する記事を中心に執筆

CNBC / Getty Images

ジャック・ドーシーに試練の時が訪れている。2つの株式公開企業のCEOを務めることが、いかに困難な任務であるかということを、彼は身に染みて感じているはずだ。1月20日朝、ツイッターとスクエアの株価の下落により、彼はもはやビリオネア(資産10億ドル以上の人物)ではなくなった。

水曜朝の取引開始後、スクエアの株価は9ドルを下回る水準に下落。昨年11月の上場来最安値を記録した。スクエア株はIPO当時から35%の下落となっている。同時に年初来最安値をつけたツイッター株もここ1年で57%の下落となっている。

フォーブスが昨年9月に公開した「フォーブス400」(米国で最も裕福な400名)では当時、ジャック・ドーシーの資産は22億ドル(約2750億円)だった。その頃未上場だったスクエアは企業価値60億ドルで、彼はその株式の大半を所有していた。その後、スクエアは11.20ドルの株価で上場し、ドーシーの資産総額は8億ドルも低下。14億ドル以下に下落した。

その後、ツイッターとスクエアの株は低迷を続け、1月20日にはついに彼の資産総額は10億ドルを下回った。同日午前10時30分時点での彼の資産額は9億4400万ドル(約1100億円)だ。

昨年はドーシーにとって波乱に富んだ年だった。ディック・コストロのCEO辞任後、“暫定CEO”としてツイッターに戻ったドーシーは10月5日、そのまま正式CEOの座に留まることになった。その一方、7月には彼の2番目の会社であるスクエアのIPO申請書類を提出。11月には上場を果たしたが、時価総額は非上場時のバリュエーションを下回る結果に終わった。

ジャック・ドーシーが「フォーブス400」に初めて登場したのは2012年の9月だった。当時の彼の資産総額は11億ドルだった。

編集=上田裕資

あなたにおすすめ

合わせて読みたい