Close

いつでもForbes JAPANが楽しめる
電子版最新号を全員にプレゼント!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

メディアとエンターテイメント担当

Frazer Harrison / gettyimages

2015年はジョニー・デップにとって不運な年だった。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」のシリーズ4作で興行収入37億ドル(4,477億円)の大ヒットを記録したのが遠い昔であるかのように、米国内で公開された主演作「チャーリー・モルデカイ/華麗なる名画の秘密」や「トランセンデンス」は不発に終わった。ジョニー・デップの出演料1ドル(121円)当たりの興収はわずか1.2ドル(145円)で、“最も割高な俳優”ランキングのトップに君臨するという不名誉を手にした。

続く2位には、最新作で1ドル当たりの興収が6.5ドル(785円)となったデンゼル・ワシントンがランクイン。3位はウィル・フェレル、4位はリーアム・ニーソン、5位には、「フォーカス」がヒットしたものの「Concussion(邦題未定)」のチケット売れ行きに足をひっぱられたウィル・スミスが1ドル当たりの興収8.6ドル(1,040円)でランクインしている。

今年の顔ぶれの特徴は、高額な出演料の割に興収に当たり外れがあるベテランが上位を独占しているという点だ。ランキング算出にあたっては、各俳優について2015年6月までに公開された最新3作品(主役級扱い)を対象とし、費用対効果を割り出した。また、今回は対象期間中に該当する新作がなかった俳優についてはランキング対象から外したため、昨年まで2年連続でトップだったアダム・サンドラ―は選出されなかった。

ジョニー・デップとデンゼル・ワシントンは過去に大ヒット作の主演として申し分ない実績を持ちあわせているが、最近のチケットの売れ行きは破格の出演料で知られる両者の起用に黄色信号をともしつつある。ジョニー・デップが主演した「チャーリー・モルデカイ/華麗なる名画の秘密」は4,700万ドル(57億円)の製作費に対して興収はわずか6,000万ドル(73億円)。「トランセンデンス」は1億ドル(121億円)の製作費に対して興収1億ドルという有り様だ。

しかし、デップについては今後明るい材料もある。2016年に「Alice Through The Looking Glass(邦題未定)」、2017年には「パイレーツ・オブ・カリビアン」の新シリーズ公開を控えており、この不名誉なランキングから脱け出す要素は十分だ。

ちなみに、「最もコストパフォーマンスの高い俳優」のトップに君臨したクリス・エヴァンズは出演料1ドル当たり181.80ドル(21,997円)を稼ぎ出す。それと比較すれば、今回ランクインした俳優たちのコスパの低さは一目瞭然だ。

最もコスパの低い俳優ランキング
1.ジョニー・デップ/121円
2.デンゼル・ワシントン/785円
3.ウィル・ファレル/810円
4.リーアム・ニーソン/850円
5.ウィル・スミス/1,020円
6.クリスチャン・ベール/1,090円
7.チャニング・テイタム/1,280円
8.ブラット・ピット/1,430円
9.ベン・アフレック/1,460円
10.トム・クルーズ/1,610円

編集 = Forbes JAPAN 編集部

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO

YOU MAY ALSO LIKE