Close

PICK UP

市場とジェネレーションYのお金に関する差し迫った問題に注目

       

DmyTo / shutterstock

アメリカ政府の銃規制強化の動きは消費者らを、銃の爆買いに走らせている。

銃器製造メーカー、スミス&ウェッソンの株価は1月5日、12%以上も急騰。2007年7月以来の高値を記録した。これは同社の好調な業績を受けてのこと。その前日に同社は第3四半期の売上が記録的水準に達したことを発表。通年利益や一株当たり利益も最高水準に達すると見られている。同業のスターム・ルガーの株価も6.8%の急騰を記録した。

スミス&ウェッソンの第3四半期売上は1億8000万ドル(約214億円)に及ぶと見られており、これは以前のガイダンスの1億5000万ドルを大きく上回る。通年売上は最大6億6000万ドル(約783億円)が見込まれており、これも6億3500万ドルの予想を上回っている。

これらの数値は間もなく始動するオバマ政権による銃規制を前にしたものだが、銃の需要の高まりはデータからも見て取れる。FBIが実施する銃の購入に必要な犯罪歴照会の実行件数は2015年に2300万回を突破。これは1998年にこのシステムがスタートして以来の最高件数だ。

アメリカでは昨年、330件以上の銃乱射事件が発生した。銃規制の強化が叫ばれる一方で、人々は身を守るために銃の買いだめに走ったことが見て取れる。昨年、スミス&ウェッソン株は年間133%の上昇を記録した。任期の期限切れを控えるオバマ政権が銃規制の強化を打ち出す一方で、銃器関連株の好調ぶりは続きそうだ。

オバマ大統領は5日の演説でキング牧師の言葉を引き合いに出し、「事態は緊急性を要している。なぜなら大勢の人々が死んでいるからだ。何もしないことは許されない」と語ったが、その言葉は虚しく響いている。

編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい