Close RECOMMEND

PICK UP

テクノロジー、eコマース担当ライター。

Atomic Imagery / gettyimages

ネットを通じて商品を買うeコマースはもはや、新鮮さを感じられない分野かもしれないが、ここにも多くの革新的企業が誕生しつつある。

フォーブスが先日発表した「最もホットなスタートアップ企業50社ランキング」には、eコマースに事業基盤を置く7社が選出された。そのビジネスモデルは中古車売買を仲介するBeepi やVroom 、さらにクレイグリストのモバイル版とも言える OfferUpなど多岐に渡っている。

50社リストの作成にあたり、基準としたのはその企業の評価額の増大のスピードだった。ここに挙げたeコマース企業のうち7社は50位以内にランクインを果たし、それ以外の3社は圏外からセレクトした。

ここで最もホットなeコマース企業なのがシアトルに本拠を置くPorchだ。同社は2015年に6500万ドルの資金調達に成功。住宅オーナーと配管工や電気工などをつなぐプラットフォーム的サービスを展開し、直近の調達ラウンドでの企業価値は5億ドルだった。関係者の話では2016年に同社はさらなる資金調達を予定しているとのこと。

評価額を急増させているコマース企業の多くは、買い手と売り手をつなぐマーケットプレイス型の企業である中で、異彩を放つのがCasper社だ。同社は寝室のマットレスのダイレクト販売を行っている。ニューヨークに本拠を置くCasperは自社ブランドのマットレスをユーザーらに直接届ける。既存の店舗よりも安価であることを売りにしている。

2010年にアマゾンが5億4000万ドルで買収したeコマース企業、Quidsiを率いたマーク・ロアが新たに立ち上げた Jet.comの動向も注目を集めている。同社は7億ドルの資金調達を行ない、総合コマースサイトとしてアマゾンに新たな戦いを挑んでいる。

下記にフォーブスが選出した、最も注目度の高いeコマース企業10社を掲載する。

Porch
ホームサービス系のマーケットプレイス/評価額:5億ドル

OfferUp
地元密着型マーケットプレイスアプリ/評価額:8億1400万ドル

Casper
マットレス販売/評価額:5億5500万ドル

ClassPass
フィットネスクラブ会員組織/評価額:2億9300万ドル

Raise Marketplace
ギフトカードに特化したマーケットプレイス/評価額:6億800万ドル

Beepi
中古車の個人間売買マーケットプレイス/評価額:5億6400万ドル

Vroom
中古車マーケットプレイス/評価額:2億1800万ドル

Harry's Razor Company
髭剃りに特化したコマースサイト/評価額:7億5000万ドル

SeatGeek
イベントチケットのマーケットプレイス/評価額:2億6200万ドル

Jet.com
総合オンラインコマース/評価額:15億ドル

翻訳編集=上田裕資

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい