閉じる

PICK UP

世界38カ国、800万人が愛読する経済誌の日本版

小澤隆生 ヤフー執行役員、YJキャピタル代表取締役。1972年生まれ。
99年ビズシークを創業し2001年楽天に売却後、楽天執行役員、楽天野球団取締役事業本部長。楽天退社後の07〜12年まで
スタートアップへの投資やコンサルティング業務を行った。



起業の成功体験を持ち、“知恵”“経験”を次の世代の起業家に伝える個人投資家、「プレイングエンジェル」。若き起業家たちを成功へと導く彼らの存在は、「日本型エコシステム」をつくる大きな力になる。
個人投資の最大の特徴は、それを受ける側にとっても最高のアドバンテージになる。時にがむしゃらに、時に慎重にアクセルを踏みこませる「先人の知恵」は若手企業家にとってなによりの財産なのだ。現在の小澤隆生はヤフーのCVCであるYJキャピタルの代表取締役として、目を見張る確率で投資先の上場を成功させその手腕で世に名を知らしめている。彼が個人から投資企業の顔になっても変わらずに持ち続けている「世の中にいいサービスをつくりたい」という思いは、ベンチャーキャピタルの共通理念としてふさわしいものである。スターフェスティバル、クラウドワークス、nanapi、キラメックス、カタリズム等ベンチャー界では既にメジャーな存在を個人的に後押ししてきた小澤のプレイングエンジェルマインドに学ぶ。

山本智之

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

あなたにおすすめ

合わせて読みたい