Close

無料会員に新規登録すると、
3,000
円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

モバイル業界のアジテーターとイノベーターに関する記事をカバー

Dean Drobot / Shutterstock

ウェアラブルの将来性に疑問を抱いていた人にとっては驚きかもしれないが、最新の調査によってウェアラブル市場の急成長が明らかになった。業界の競争が激化し、新規参入組が業界のリーダーであるFitbitを猛追している実態も浮き彫りになっている。

2015年も終わりに近づく中、これまでのところFitbitがウェアラブル機器の出荷量で世界トップの座を保っている。しかし、Fitbitの出荷量はこの1年で倍増したにも関わらず、同社の市場シェアはアップルやシャオミの台頭によって減少している。

調査会社IDCによると、2015年Q3のFitbitの市場シェアは22.2%で、アップルウォッチの18.6%、シャオミの超低価格フィットネスバンド「Mi Band」の17.4%を上回っている。しかし、競合の2社は驚異的なスピードでFitbitを追撃している。昨年のこの時期にはアップルはまだウェアラブル製品を投入しておらず、シャオミは新規参入を果たしていたが、市場シェアは僅か0.4%だった。

2015年3Q出荷量(百万台)
pie_graph
2014年3Q出荷量(百万台)
pie_graph

出典:IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker, 2015年12月3日

競争が激化する中、Fitbitといえども2016年にこれまで以上に優れたハードウェアとソフトウェアをリリースできなければ、トップの座を守るのは危ういかもしれない。

Fitbitの2人の共同創業者であるCEOのジェームス・パークとCTOのエリック・フリードマンは、開発中の新製品について口を閉ざしているが、ジム・クレイマーがホストを務める投資情報番組『Mad Money』の中でパークは、来年の新製品はセンサーとアルゴリズムの性能が向上し、デザインもより洗練されたものになると説明している。また、ソフトウェアも新しくなり、ユーザーの健康状態についてこれまで以上に深い分析が可能になるようだ。

Fitbitはアップルウォッチに比べて価格が手頃でバッテリー駆動時間も長い。アップルウォッチの価格は350ドルからスタートし、バッテリーは1日使用するとフル充電が必要となる。
Fitbitの最新モデルの価格は、「Charge」が130ドル、「Charge HR」が150ドルで、アップルウォッチの半額以下だ。小売りチェーン大手のターゲットによると、アップルウォッチとFitbitのCharge HRはブラックフライデーのセールで最も人気の高かった製品の一つだという。

しかし、今後Fitbitはシャオミの安売り攻勢によってシェアを奪われる可能性がある。シャオミは低価格で高性能なスマホメーカーとして知られ、昨年、ウェアラブル市場に参入した。同社が開発した「Mi Band」は1回の充電でバッテリーが30日間持続し、価格はたったの15ドルだ。

ここにFitbitにとって少々不吉なデータがある。シャオミは1年足らずで17%の市場シェアを獲得したが、IDCによると出荷量の97%以上は中国国内向けで、今後海外市場に進出してさらにシェアを拡大する可能性が高いのだ。Mi Bandに搭載されている心拍数の継続測定などの機能はFitbitの最新機種を模倣しており、シャオミとの競争はFitbitにとっては大きな頭痛の種になりそうだ。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい