Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about technology's biggest companies

Photo by Sean Gallup/Getty Images

感謝祭の週末を過ぎ、年末商戦たけなわの米国。ガジェット好きなネットユーザーたちは、12月中旬にかけて開催中のサイバーマンデーのアップル製品のセールに注目している。

アップル自体はセールを行わないが、小売店の中にはアップル製品をかつてないほどの安値で提供する店も現れた。何がどれだけお買い得なのだろうか。編集部はBestBlackFriday.comの協力を得て、注目商品をリストアップしてみた。


これは絶対“買い”

・iPhone 6sが99.99ドルから:アクティベーションと2年契約が条件、キャリアはスプリントかベライゾン/販売:ベストバイ
・Apple Watch 42mmスチールケースが100ドル引きの499ドル/販売:eBay
・iPad Mini 4が100ドル引きの299ドル/販売:Staples

おすすめの特売品

・iPhone 6が1ドルから:アクティベーションと2年契約が条件/販売:ベストバイ
・iPad Air 2 Wi-Fi128GBが40ドル引きの659ドル/販売:MacMall
・iPad Mini 2が70ドル引きの199ドル/販売:ウォルマート

注意が必要なお買い得品

・Apple TV 第3世代が10ドル引きの59ドル(約7,300円)だが、型落ちで割引率も低い/販売:ターゲット
・Apple Watchが349ドル~699ドル/販売:ベストバイ
・iPhone 6s Plus 64GB(ゴールド、ローズゴールド、シルバー、グレイ)が4%オフの819ドル/販売:eBay

アップル自体がサイバーマンデーにセールを行うことはあるのだろうか? 答えはノーだ。アップルはブラックフライデーにもセールを開催しなかった。売り上げも伸びているため、販売パートナーである小売店との価格競争に参加する必要もない。

では、アップルがクリスマス前に新しいデバイスを発表する可能性はあるのか? こちらも答えはノーだ。Apple Watchの第2世代は4月に発売予定だが、2016年の後半までiPhone 7や新しいiPadやApple TVは発表されないだろう。

編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい