Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

I write about the casino business in Macau and around Asia.

Sean Pavone / Shutterstock

マカオは誰もが認める世界のカジノの中心地だが、スパンコールや羽のついた衣装をまとったショーガールに加えて、必需品の1つが欠けている。マカオのカジノにはスポーツブックメーカー (スポーツギャンブル)のラウンジがない。マカオの法律のねじれが招いた結果だが、政府に修正を急ぐ様子はない。また別の法律のおかげで生まれた最先端のオンラインブックメーカー、デイリーファンタジースポーツ(DFS)が米国で包囲網にさらされている昨今、マカオなどアジアはDFSが異常なまでの成長を続ける次の場所になる可能性がある。

壁一面のプラズマテレビ、賭けに使う携帯機器やVIP向けサービス完備といった今時のスポーツブックメーカー用ラウンジがマカオにはない。この紛れもない事実についてサウス・チャイナ・モーニング・ポスト紙のコラムニスト、ティム・ヌーナン氏は「究極のスポーツバー」がないのは、マカオのギャンブルの自由化が中途半端なせいだと指摘する。

スポーツブックメーカーは、宝くじ同様マカオではなお専売事業だ。著名実業家スタンレー・ホー氏率いるSJMホールディングスの関連企業、マカオ・スロットがスポーツブックメーカーを独占し、マカオの10カ所でサッカーとバスケットボールの賭けを行っている。このうち半分がSJMのカジノ内か近くにある。これらは最先端のスポーツブックメーカー用ラウンジと比べると自転車とフェラーリぐらいのギャップがある。売上高は専売事業にありがちな投資と新しい工夫不足を反映している。客にはモバイル、電話とオンラインの選択肢はあっても、昨年のマカオ・スロットの売上高はわずか7億3600万パタカ、9200万ドル程度(113億円)だった。

一方、珠江デルタを超えたところにあるこれも専売事業の香港ジョッキークラブは、サッカーだけのスポーツブックメーカーで売上高は782億香港ドル(1兆2370億円)に上った。そう、香港はマカオよりずっと大きいが売上高の110倍の差は、人口の違いだけではなく事業者の違いも大きい。マカオ・スロットの営業免許の6月末の期限満了が近づいても、また2005年にオープンしたサンズ・マカオでカジノ自由化が売上高だけでなく投資や雇用に与えた影響が実証されているにもかかわらず、当局はスポーツブックメーカー自由化の動きを全く見せなかった。その代りに政府はマカオ・スロットの専売事業を1年だけ延長した。これはもしかしたら自由化を検討しているからかもしれない。

Part2に続く

編集 = Forbes JAPAN 編集部

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい