Close

Forbes JAPAN 会員登録で
3,000円分のギフト券が当たる!

PICK UP

記事が気に入ったら
いいね!しよう

LIKE @Forbesjapan

Forbesjapanを
フォローしよう

FOLLOW @Forbesjapan

市場とジェネレーションYのお金に関する差し迫った問題に注目

Joe Seer / Shutterstock



ウォルト・ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」(原題:Frozen)のテーマ曲は私たちに、「let it go」(手放しなさい)と呼びかける。だが、同社に何か手放したくないものがあるとすれば、それはその「アナ雪」が同社にもたらし続ける恩恵だろう。

ウォルト・ディズニーは11月5日、2015年第4四半期(7~9月期)と通期の決算を発表した。第4四半期の売上高は前年同期比9%増の135億ドル(約1.7兆円)で、アナリスト予想の135億6000万ドルとほぼ同水準だった。純利益は約16億ドル(約1,970億円)で、1株当たり利益は0.95ドル(約117円)だった(前年同期は0.86ドル)。特別項目を除いた同期の1株当たり利益は同35%増の1.20ドルとなり、アナリスト予想の1.17ドルを上回った。

2015年通期の売上高は前年比7%増を達成。過去最高の525億ドル(6.5兆円)となった。純利益は同12% 増で84億ドル。1株当たり利益は4.9ドルだった。特別項目を除く通期の1株利益は5.15ドルで、前年から19%跳ね上がった。

ボブ・アイガーCEOは声明で「今期の業績は非常に好調だった。通期の業績も5年連続で過去最高益を更新した。これは当社のブランドと作品の力、最新のテクノロジーを取り入れたイノベーションの継続によるものだ」と述べた。
好調の理由について同社は、公開から約2年が経過した「アナ雪」の長期に及ぶヒットなど、複数の要因を挙げている。2015年通期の商品事業の売上高は前年比13%増の45億ドル(約5542億円)。第4四半期は同11%増の12億ドルだった。

放送・ケーブルテレビ事業も、アナリストらが懸念していたほどの悪い結果にはならなかった。スポーツ専門チャンネルESPNと地上波のABCテレビを擁するメディアネットワーク部門の第4四半期の売上高は58億ドル(前年同期比12%増)。営業利益は18億ドル(同27%増)。通期の売上高は10%増の233億ドル。両社の売り上げが好調だったことが寄与した。ESPNは関連会社の加入者の増加などが増益を後押しした格好だ。ただ、放送事業の営業利益はほぼ横ばい。広告収入が伸びた一方で、番組制作費が膨らんだことが影響した。

5日の通常取引では、ディズニー株の終値は前日比0.22%安だった。決算発表を受け、時間外取引では一時マイナス2%の一段安となったものの、その後は0.44%安まで戻した。

文=マギー・マグラス(Forbes) 編集=上田裕資

 

あなたにおすすめ

合わせて読みたい