日本の開業率が12%だった頃

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

川村雄介の飛耳長目 昭和34年の盛夏であった。商店街のラジオからは、おなじみの歌謡曲が流れていた。零落感のあるセリフが挟まる。「うふ…、平ひら手て造み
ら手て造み酒きも、今じゃやくざの用心棒人生裏街道の枯かれ落おち葉ばか。」(大利根無情、猪又良作詞)。 平手造酒はもともと江戸の名門、千葉周作道場の... 続きを見る

CATEGORY