北京語は「世界の共通語」になりえない

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

英語が世界における共通語になったのは、歴史の結果である。大英帝国が、英語を世界中に広めた。それに続いてアメリカの経済的優位と政治的リーダーシッ
プにより、英語は今日多くの国々で、第1または第2の言語になったのである。中国の標準語である北京語が、英語に代わって、世界で最も重要な言語に... 続きを見る

CATEGORY