1,600人の村に若者と金を呼ぶ「100年の森林構想」

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

人口減に悩んでいた村民1,600人の村で今、ベンチャー企業が次々に起業している。 荒廃していた村の財産である森林の権利を集約化し、地域再生を目指す事業
の成果だ―。 日本の森林は小規模な個人所有が多いため、効率的に管理していくことが難しい。面積の8割が人工林で覆われている岡山県の西粟倉村(にしあ... 続きを見る

CATEGORY