中国・南シナ海進出を正当化する「鄭和の大航海」

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

日の出の勢いの中国は、領海について強硬に主張するようになっている。強くなった中国が、自国の領海に関して、これまでの決定事項を受け入れるとは思えない。こ
れは驚くようなことではないが、中国の近隣諸国とアメリカを含むステークホールダーにとっては、望ましくない事態だ。 中国、ブルネイ、マレーシア、フィリ... 続きを見る

CATEGORY