THE FAB MIND 「芸術」と「生活の実質」のあいだで輝く宝石

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

坂口安吾は取手に在住していたころ、常磐線の車窓からしばしば小菅刑務所を眺めていた。「非常に高いコンクリートの塀がそびえ、獄舎は堂々と翼を張って十字の形
にひろがり十字の中心交叉点に大工場の煙突よりも高々とデコボコの見張りの塔が立っている」安吾の視線がとらえたのは、「必要」によって構成された美だった。美... 続きを見る

CATEGORY