「米国で最も憎まれた男」が犯した本当の罪は何なのか

CONTRIBUTOR
Erik Sherman

何という凋落ぶりだろう──。2年前、米下院の公聴会に出席した元ヘッジファンドと製薬会社の最高経営責任者(CEO)だったマーティン・シュクレリは、米国憲
法修正第5条に基づく黙秘権を盾に証言を拒否、薄ら笑いを浮かべるだけで済ませた。だが、3月9日にニューヨークの連邦裁判所に出廷したシュクレリ被告(34)... 続きを見る

CATEGORY