フェイスブックが「世界にとって善き存在」になるには(後編)

Contributor
Chunka Mui

本記事の前編では、フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)が、大人になった自分の娘たちに「父親が作り上げたものが世界にとって善い
ものだったと感じ」てほしいと思っていることを紹介した。同社が現在、その水準に達していないと考える人は多い。コンピューター開発のパイオニア、アラン・ケイ... 続きを見る

CATEGORY