環境対策に注力する米企業が急増、85%が「今後3年に具体的行動」

CONTRIBUTOR
Ken Silverstein

米国では数多くの企業が、「新エネルギー経済」への移行に向けて準備を進めている。温室効果ガスの排出量を減らし、自社に必要なエネルギーを持続可能な燃料でま
かなうことに力を入れているのだ。関連技術の低価格化を背景に、企業の間では、対策を実行に移すべきとの認識が急速に広まりつつある。だが、企業の多くは再生可... 続きを見る

CATEGORY