米国で最も危険な仕事トップ10

FORBES STAFF
Karsten Strauss

米国労働省労働統計局(BLS)は昨年末、2016年に米国内で起きた労働災害による死亡者に関するデータを公開した。2016年の労災による死亡者数は、前年
比7%増の5190人と3年連続で増加し、2008年以来初めて5000人を超えた。BLSは職業別の死者数を算出し、最も死亡率が高かった仕事10種を挙げて... 続きを見る

CATEGORY