喫煙可能な「時代遅れ」の世界の空港、日本もリスト入り

CONTRIBUTOR
Gary Stoller

連邦政府が行った調査で、交通量の多い世界の空港の46%が、屋内での喫煙を完全に禁止していることが初めてわかった。健康のことを考えれば、米国の3つの空港
を含む残り54%の空港が「喫煙を許可している」ことが判明したことは意義のあることだろう。多くの研究で受動喫煙の害が示されているいま、屋内での喫煙はいま... 続きを見る

CATEGORY