米国で「身軽なキャリア」選択が増加中 その理由とは?

CONTRIBUTOR
Victor Lipman

フォーチュン500に入る伝統的企業の管理職として長年勤務してきた私は、オフィス勤務の従業員と働くことに慣れていたため、「アジャイル(身軽な)労働力」(
正社員が少なく契約社員やコンサルタントが多い職場)への移行という風潮に対しては当初、懐疑的だった。私はこれを、福利厚生などのコストが高い正社員を削減し... 続きを見る

CATEGORY