敗戦後、日本のものづくりの礎を築いた「米国流マネジメント講座」

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

46年、日本に駐留する連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官であったダグラス・マッカーサーは、日本の津々浦々にまでGHQの意向を伝えられるよう、日本でラ
ジオの大量生産を開始することが緊切の課題だと考えていた。(中略)サラソンの下に「大至急、マッカーサー元帥司令部にて勤務されたし」という電報が届けられた... 続きを見る

CATEGORY