全ての子供たちに文学を、黒人女性アプリ開発者が描いた夢

Forbes JAPAN
Forbes JAPAN 編集部

「人生を変える本に出会う子が一人でも増えればいい」。有色人種の作家による児童・ヤングアダルト文学の検索アプリ「We Read Too」を作った時、カヤ
・トーマスはそう思っていたという。それから3年経った今、iOS版「We Read Too」のダウンロード数は2万を超える。先日はアンドロイド版も公開さ... 続きを見る

CATEGORY