「破壊」が必ずしも最高の戦略ではない理由

CONTRIBUTOR
Alastair Dryburgh

「なんでもかんでも破壊しよう」という風潮に、私は飽き飽きしている。ここで他者に先んじて異議を唱えたい。破壊が常に最善の戦略であるとは限らないのだ。この
考えが私の中で確実になったのは先日、データ分析関連のソフトウエアを利用していた人たちと話していたときだ。彼らの経験は次のようなものだった。最初に、オラ... 続きを見る

CATEGORY