「3軒に1軒が空き家」時代が来る前に確認すべき境界問題

Official Columnist
長嶋 修

日本の空き家はこれから加速度的に増加する。野村総合研究所によれば、2033年には空き家が約2150万戸(同30%)になる推計だ。3軒に1軒が空き家とな
る事態はにわかには予想し難いが、このままでは確実にやってくる未来だ。ところで「空き家」というと、読者の多くが潜在的に抱えているのが都市郊外や地方にある... 続きを見る

CATEGORY