「自分の仕事が世界を良くする」と感じる米国の職業トップ10

FORBES STAFF
Karsten Strauss

職業人の多くは、自分が世界に与える影響を概ね肯定的に感じている。だが、そのように感じる人が最も多い職業は何だろうか?その答えを探るために、フォーブスは
報酬調査サイト「ペイスケール(PayScale)」による調査を参照した。同サイトは2015年10月から2017年10月にかけ、137万2068人の職業... 続きを見る

CATEGORY