米国人が最も恐れるのは「サイバー犯罪」、7割近くに不安感

CONTRIBUTOR
Niall McCarthy

米国では今年、史上最悪の犠牲を出す銃乱射事件が発生した。だが、最も多くの人たちにとっての最大の懸念は、従来型の犯罪ではなくインターネットを通じた犯罪の
被害に遭うことだ。米調査会社ギャラップが米国の成人を対象に実施、1028人から回答を得た調査によれば、ハッキングの被害に遭い、「個人情報やクレジットカ... 続きを見る

CATEGORY