「ブレードランナー」から考える、クラスター化という現代の闇

CONTRIBUTOR
山岡 浩巳

今年続編が公開されて再び話題を呼んでいる1982年公開のSF映画「ブレードランナー」は、2019年の近未来を、科学技術と、深い孤独や疎外が同居する世界
として描いている。人形に囲まれて暮らす科学者、架空の記憶を必死に作り上げるアンドロイド、そして、自分を狙うハンターだけが、想い出を語れる唯一の相手にな... 続きを見る

CATEGORY