超富裕層になるために「〜すべき」をやめるべき理由

CONTRIBUTOR
Russ Alan Prince

自力で富を築き「超富裕層」(純資産5億ドル、565億円)の仲間入りをした人たちの多くによれば、あなたの利益になるような行動を誰かに取ってもらいたい場合
、あるいはその人にとっての利益になると「あなたが考える」行動を取ってもらいたい場合、必要なのはその人に「should(~すべき)」という言葉を使わない... 続きを見る

CATEGORY