NASAが開発支援の人型ロボット、4千キロの「自律歩行」目指す

FORBES STAFF
Alan Ohnsman

自動運転車の実用化が間近に迫る中、カリフォルニア工科大学は既に次世代の自動運転技術の開発に取り組んでいる。同校が検討中の新技術の中には、数千マイルを自
律歩行できる人型ロボットや救命ドローン、群れをなして飛行する宇宙船などが含まれる。同校は10月24日、これらの構想を実現するために、NASAのジェット... 続きを見る

CATEGORY