米政府職員の11%が「大麻を購入」 ワシントンDC調査で判明

CONTRIBUTOR
Debra Borchardt

米国の首都ワシントンDCエリアは大麻産業の巨大な市場とは言い難い。しかし、大麻の合法化の流れを考える上では非常に重要な地域だ。最新の調査によって、米国
政府職員の多くも大麻を購入していることが明らかになった。大麻の消費動向を調べるリサーチ機関CRAC(Consumer Research Around ... 続きを見る

CATEGORY