アメリカ市場で「最も過激なホンダ」、シビック・タイプR

Official Columnist
ピーター ライオン

1990年にホンダNSXが登場したとき 、ドイツの名門サーキット、ニュルブルクリンクでのラップライムが8分16秒ということが、世界を驚愕させた。当時の
スーパーカー作りを変えたそのNSXは3L、V6のミッドシップエンジンで280馬力だった。それから27年が過ぎた。2017年に登場したシビック・タイプR... 続きを見る

CATEGORY