企業と社会問題をつなぐ言葉は「もはやCSRではない」

JOURNALIST
肥田 美佐子

行政、NPO、企業など、異なるセクターの団体が独自の強みを持ち寄り、社会問題の解決を目指すアプローチを「コレクティブ・インパクト」と呼ぶ。この「新しい
社会の変え方」について、提唱者のマーク・R・クラマーに聞いた。──日本の企業には、社会問題の解決と収益を同時に目指すCSV(共通価値の創造)文化が根づ... 続きを見る

CATEGORY