フェイスブック、有名ラッパーらも悪質広告に関与 米調査で

CONTRIBUTOR
Jay McGregor

フェイスブックを通じて一部の有名人たちが、怪しげなサイトにユーザーを誘導する行為が問題化している。ファクトチェックメディアの「Snopes」は先日、こ
の問題に関するレポートを掲載した。それによるとラッパーの50セントや俳優のマーティン・ローレンス、コメディアンのトミー・チョンらが公式フェイスブックペ... 続きを見る

CATEGORY