「少数派が多数」になる米国、人種による富の格差拡大を予測

CONTRIBUTOR
Niall McCarthy

米国は2044年までに、「少数派が多数」の国になると見込まれている。それにもかかわらず、依然として人種による大幅な富の格差という問題を抱えており、さら
にその差は拡大し続けている。米国の非営利団体プロスペリティ・ナウ(Prosperity Now)とシンクタンク、インスティテュート・フォ-・ポリシー・... 続きを見る

CATEGORY