米国の賃金の平等、前政権に「誓約」も大きな進展みられず

Contributor
Martin Whittaker

米国のオバマ前政権は、国内の大企業に賃金の平等を実現するための取り組みを求め、昨年すでに多くの企業が実現を「誓約」していた。だが、トランプ政権は9月1
1日、この政府方針を撤回する考えを明らかにした。賃金の平等を誓約した企業にはこれまで、人種や民族、性別による賃金の格差をなくすための行動について政府に... 続きを見る

CATEGORY