米信用情報大手に不正アクセス、1億4300万人に影響の恐れ

Forbes Staff
Lauren Gensler

米国の3大信用情報会社の1つ、エクイファックス(Equifax)は9月7日、同国のおよそ1億4300万人がサイバー犯罪の被害に遭う可能性があることを明
らかにした。ハッキング被害により流出した情報には、米国の消費者の氏名、社会保障番号、生年月日、住所、運転免許証番号などの個人情報が含まれる。また、およ... 続きを見る

CATEGORY