米国の薬物乱用による10代若者の死者数、16年で倍増

CONTRIBUTOR
Niall McCarthy

オピオイド系の薬物の使用はここ数年で、米国にまん延する深刻な問題となっている。そうした中で、10代後半の若者たちによるこれらの薬物の過剰摂取とそれによ
る死者数が、1999~2015年の間に倍増していたことが分かった。1999年にオピオイド系薬物の過剰摂取で死亡した15~19歳の若者は人口10万人当た... 続きを見る

CATEGORY