身代金ウイルスで「損失額300億円」デンマークの海運企業が発表

CONTRIBUTOR
Lee Mathews

今年6月、「NotPetya」と呼ばれるランサムウェア(身代金要求型ウイルス)が世界中で猛威をふるった。このランサムウェアの最大の被害者にあげられるの
が、デンマークのコンテナ海運世界最大手の「A・P・モラー・マースク」だ。コンテナ海運で世界シェアの18.6%を握る同社の4カ国の拠点が被害にあい、数週... 続きを見る

CATEGORY